ホーム > クレジットカード現金化 > クレジットカード現金化について

クレジットカード現金化について

クレジットカード現金化の仕組みとは、クレジットカードのショッピング枠を利用して、利用者に安価な商品を高額で購入させた後、「商品買取り」などと称して売値の何割かに相当する現金を利用者に渡し、現金化業者はクレジットカード会社から立替金を得るという仕組みです。
一見、通常の商品売買のようですが、利用者はクレジットカード会社へ商品購入分の返済義務が生じたままです。現金化業者から渡された現金と立替金との差額は、実質的には利息と捉えることができるというわけです。つまり、高い金利の借金をしているという状態と、変わらないことになります。

http://www.kankin-musume.com/
最近では、キャッシュバックつきの商品を購入させて、商品とともに現金を渡す「キャッシュバック方式」と呼ばれる、クレジットカード現金化の手法も見られます。しかし、いずれにしてもクレジットカードの現金化は、カードの利用契約に違反する行為となります。現金化の利用者は、クレジットカードのキャッシング枠を限度額まで使用してしまい、経済的に行き詰まった人が、利用する場合が多いという特徴があります。
カード会社の会員規約では、換金を目的としたショッピング枠の利用を禁止しています。違反した場合には、カードの利用停止・強制退会・残債の一括請求を、クレジットカード会社は行うことができるという旨が、会員規約には記載されています。現金化は、契約違反行為であり、利用した多くの人が支払困難に陥っているというのが現状です。